思春期・青年期 更年期 妊娠・出産

産婦人科医 大島乃里子先生産婦人科医

クレアージュ東京 レディースドッククリニック 婦人科顧問。日本産科婦人科学会専門医、日本婦人科腫瘍学会専門医、医学博士。東京医科歯科大学病院 周産・女性診療科 講師。婦人科腫瘍のほか女性医学の専門医でもあり、思春期から老年期までの女性の生涯におけるヘルスケアを担っている。

思春期・青年期 更年期 妊娠・出産

産婦人科医 海老根真由美先生産婦人科医

白金高輪海老根ウィメンズクリニック 院長。産婦人科医として、埼玉医科大学総合医療センター総合周産期母子医療センターで講師及び病棟医長を務める。自身の出産を機に順天堂大学で非常勤准教授となり、その後、白金高輪海老根ウィメンズクリニックを開院。日本産科婦人科学会、日本母性衛生学会、日本周産期・新生児学会、周産期メンタルヘルス学会理事。

女性の体と悩み 思春期・青年期 更年期

さくま診療所院長 佐久間航先生さくま診療所院長

さくま診療所 院長。大阪医科大学付属病院、高槻赤十字病院、佐野伊川谷病院、岸和田徳州会病院などで、不育症、更年期、漢方、骨粗しょう症外来を受け持つ。その経験を活かし、『さくま診療所』を開院し、一般的な婦人科の相談をはじめ、内科疾患、各種健康診断を行う。

思春期・青年期 更年期 妊娠・出産

産婦人科医 原田美由紀先生産婦人科医

東京大学産婦人科 准教授。東京大学医学部附属病院の体外受精診療実施責任者ならびに生殖医療・良性疾患チームの病棟医長として不妊診療、内視鏡手術に携わる。さらには、『卵巣機能に着目したプレコンセプションケア』をライフワークとし、研究活動も行い、メディアなどでも積極的に発信している。

キャリアと女性の健康

フェムケアコンシェルジュ 木川誠子さんフェムケアコンシェルジュ

出版社勤務を経て2009年よりライター・エディターのフリーランスとして活動。ウェルネスや美容、ライフスタイルのコンテンツを発案し、ディレクションから執筆まで一貫して携わる。2016年から兼ねてより関心のあったフェムテック領域に本格的に取り組み始め、フェムケアをはじめ、五感を通して自分を知るための”フェムアートプロジェクト”を立ち上げる。2022年には『株式会社k company』を設立し、その実践の場を創造・提供。また、10年以上の取材による知見と3000個以上のフェムケア製品を試した経験を活かして、フェムケアコンシェルジュとして、独自の発信を行っている。『フェムテックジャパンカレッジ』の記事制作ディレクターでもある。

思春期・青年期

乳腺放射線科医・医学博士 フォックス岡本聡子先生乳腺放射線科医・医学博士

日本で臨床・研究を経験した後、スタンフォード大学での研究留学を経験。その経験を活かし、乳がんで亡くなる方をひとりでも減らしたいと思い、『Breast awareness』などのコミュニティーを主宰するなど、多角的に活動。さらには、自身の経験をもとに流産や妊よう性の領域でも発信を続けている。

株式会社たかくら新産業 代表取締役社長 高倉健さん株式会社たかくら新産業 代表取締役社長

株式会社たかくら新産業 代表取締役社長。大学卒業後、西武百貨店に入社。西武百貨店渋谷SEED館の企画担当などを経験後に独立。“日本にまだないもの”をコンセプトに、世界各国から高感度な化粧品や雑貨を輸入販売した後、2008年にはオリジナルブランド『メイド オブ オーガニクス』、2012年にフェムケアブランド『ピュビケアオーガニック』などを立ち上げ、展開している。

女性の体と悩み

株式会社サンルイ・インターナッショナル代表・植物療法士  森田敦子さん株式会社サンルイ・インターナッショナル代表・植物療法士

株式会社サンルイ・インターナッショナル代表。『フランス国立パリ13大学』で植物薬理学を本格的に学ぶ。帰国後、植物研究に基づいた知見を社会に提供するため、デリケートゾーン&パーツケアブランド『アンティームオーガニック』の処方・開発、『ルボア フィトテラピースクール』を主宰。女性の一生をサポートするトータルライフケアブランド 『Waphyto』は世界で展開されている。最新著書『私のからだの物語』(ワニブックス)も話題。私生活でも42歳で自然妊娠・出産。 植物のチカラを通して、健やかなライフスタイルを提案する番組『森田敦子のLove your life』(FM AICH/毎週日曜日 9:30~10:00)放送しておりs、『Podcast』『Spotify』『Audee』でも配信中